WOODBOX周南

WOODBOX周南 #この家は結構私にお似合いだ

0834-51-1058 contact

お得な新着情報

2018-11-28 17:01:00

住宅コラム「平屋の魅力と注意点」

日本の住まいはもともと平屋建てが主流でした。

平屋建ての住まいは、家と庭の関係がきわめて大切にされてきました。

敷地に余裕があれば、やはり平屋に住むというのは理想といえるかもしれません。

 

階段の上り下りもなく、ワンフロアで天井も高くとれ、

開放感のある空間で過ごせるということは、居心地のよいものです。

 

さらに気軽に外に出て自然と触れ合うことができるというのも

魅力のひとつといえるでしょう。

 

 

◆内部空間と外部空間

 

木造住宅において、間取りと構造はきってもきれない関係です。

 

したがって平屋の間取りは、2階の柱の位置や壁のことを考えなくても良いので、

間取り計画は構造計画ともいえます。

 

平面が美しければ立体である構造も美しいといえます。

 

かつて農家の家などは、土間やいろりの上部に力強く美しい骨組みが見られました。

 

構造の美しさは、当然屋根の美しさにつながります。

 

童謡(こいのぼり)の唄の中にも「瓦(いらか)の波と雲の波」と唄われたくらい、

屋根には美しさがあったのです。

 

現代の家は、内部空間は豊かですが、外部空間は内部ほど豊かではないかもしれません。

 

建物の本来の豊かさとは、内部空間の豊かさが外部空間にもつながっていると言われております。

 

 

◆注意したい通風と採光

 

●通風

 

平屋建ては、あまり混みいった間取りにすると、壁が多くなることにより通風の妨げになり、

風が通りにくくなってしまいます。

 

したがって周囲環境を読み、建物の配置と平面計画は十分に配慮することが大切です。

 

特に風の道はいくら入口が大きくても、出口が小さければ十分な通風は期待できません。

入口も出口も同じくらいの大きさの窓がほしいところです。

 

無理な場合は、高窓や地窓を設けて風を通すことを考えましょう。 

 

 

●採光

 

平屋建ては、建物の中心部や北側などに直射光が得られない部屋や場所があります。

 

これらは間接的に光を取り入れて明るい光環境をつくり出す工夫が必要です。

 

「間接的に取り入れて」とは、光の反射と拡散です。

 

例えば北側の部屋であれば、高い位置に窓を設け、ほどよく安定した光を取り入れます。

また、欄間やガラリを設けたり、建具も一部型ガラスを入れるなどの工夫をすることです。

 

一般に南側の光はまぶしくて変化も大きく、熱も同時に室内へと入ってきますが、

北側の光は変化が少なくてそれ程熱も入ってこないので、書斎などの空間に適しています。

 

さらに平屋の家は、トップライトでどこにでも光を取り入れることができます。

熱や結露に留意してトップライトを活用しましょう。 

 

 

◆平屋のつなぐ魅力

 

平屋の魅力は、庭との親和性です。

 

室内にいても外の風景をいかに取り入れ、

そして内とも外ともいえない曖昧なスペースをつくることがキーポイントなのです。

 

かつては土間や縁側がその役割を果たしていました。

現代の家づくりでは、デッキやインナーテラスといえるでしょう。

 

これらは特に人気があります。

その理由はリビングやダイニングとの一体感です。

 

平屋建ての安定感のある外観のデザインと空間の広がりをみせるデッキは

平屋建てならではの景観をつくってくれます。

 

2018-11-17 09:21:00

住宅コラム「屋根材の種類と特徴」

屋根材は、住まいの性能を左右し、

外観デザインにも大きく影響する住宅建材のひとつです。

 

分類方法はいくつかありますが、

一般的な戸建住宅で用いられる屋根材で考えると、

粘土系、セメント系、スレート系、金属系の4種類です。

 

 

粘土系には釉系と無釉系、

セメント系はプレスセメント瓦とコンクリート瓦、

スレート系には、セメント系である化粧(彩色)

スレートと天然スレート、

金属系には鋼板などがあります。

 

 

各メーカーからは、それぞれの素材の良さを生かしつつ、

独自の工夫を施し、耐候性や耐久性、耐震性、デザイン性を高めた

数多くの商品が提案されています。

 

選ぶ際には、一般的な素材のメリット・デメリットを理解した上で、

それぞれの商品特性、特徴を確認することが大切です。

 

 

◆粘土系(瓦):釉系と無釉系があり耐久性や断熱性に優れる 

 

通常、瓦(かわら)と言った場合は、この粘土系(瓦)を指します。

 

粘土を主原料として混練、成形、焼成したものです。

釉系と無釉系があり、耐久性や耐熱性、断熱性に優れる屋根材でしょう。

 

形状、デザインによって和瓦と洋瓦と分けることもあります。

 

一般的に、粘土瓦は、他の屋根材に比べて重量が重いので、

構造など耐震性への適した配慮が必要ですが、

重さがあるため遮音性が高く、雨音も気にならないのがメリットです。

 

最近では、軽量化を実現した製品、ズレや脱落などがしにくい防災瓦などもみられます。

 

 

●釉系

 

プレス成形した瓦形の素地に釉薬(ゆうやく)を施した瓦で、

さまざまな色を出せるのが魅力です。

 

釉薬瓦、塩焼瓦などがあります。

 

表面の釉薬によって水が浸透しにくく、耐久性に優れ、退色や変色もないので、

基本的にメンテナンス不要です。

 

和瓦の形や平形、S形などの製品も豊富で、和風洋風を問わず、

さまざまな外観デザインの建物に使用することができるでしょう。

 

 

●無釉系

 

無釉は表面に釉薬をかけないものです。

いぶし瓦や無釉瓦などがあります。

 

粘土をプレスし、釉薬をかけず焼成過程でいぶし、

表面に銀色の炭素膜をつけたいぶし瓦は、和風の住まいに適しています。

 

無釉瓦は、ナチュラルな風合いが特徴で、

素地がそのままの素焼瓦(スペイン瓦、琉球瓦など)

粘土以外の物質(金属など)を練り込んだ練込瓦、

ムラのある濃淡が魅力の窯変瓦もあります。

 

 

◆セメント系(瓦):施工性が高いのが特徴。製造方法で異なる

 

セメントと砂を原料とした瓦です。

樹脂塗料で塗装を施したもので、施工性が高いのが特徴でしょう。

 

製造の方法によって分類することができます。

 

 

●プレスセメント瓦

 

セメントと細骨材(砂)のモルタルが原料の瓦で、

厚形スレートとも呼ばれます。

 

無塗装品と塗装品があり、釉薬で表面処理を施し、

耐火性能を高めたものが、施釉(せゆう)セメント瓦です。

 

和型、平型、S形など形状もさまざまです。

 

スレート系より材料が厚く、どっしりとした印象が魅力ですが、

最近では軽量化も図られています。

 

 

●コンクリート瓦

 

プレスセメント瓦より細骨材に対するセメントの割合が少ないものです。

立体感のある形状が多いので洋風住宅向いています。

 

 

◆スレート系:セメント系の化粧スレートと天然スレートがある

 

スレートとは、粘板岩などの薄板のことです。

屋根材としては、セメント系の彩色スレートと天然スレートがあります。

 

 

●化粧(彩色)スレート

 

セメントに繊維を混入して強化した薄い板状の素材です。

 

天然スレートに模していることからこの名称になりました。

(カラーベスト、コロニアルという商品の名称で呼ばれることもあります)

 

軽量で施工しやすいのが特徴で、

表面の塗装に工夫を施しより耐久性や耐候性を高めたもの、

 

遮熱タイプ、表面に凹凸感を持たせ自然石の素材感を表現したものなどもみられます。

 

色やデザインも豊富なことから普及している素材ですが、

価格は、素材の厚みやデザインなどで大きく異なります。

 

 

●天然スレート

 

玄昌石などを材料にした本来のスレートです。

 

退色しない、黒く艶のある自然の色や素材感が魅力です。

重量のある高価な素材です。

 

 

◆金属系:軽量で加工しやすいのが特徴

 

加工しやすく軽量、施工性も高いことが特徴で、複雑な屋根形状にも対応できます。

 

鋼板と非金属系に分けることができます。

 

鋼板には、めっきや塗覆装を施したものもあります。

 

カラーバリエーション豊富ですが、

熱伝導率が高く断熱性が悪いことや遮音性が低いため雨音が気になることもあります。

 

最近では、瓦のような形状のもの、

断熱材を裏打ちし断熱性や遮音性を高めた製品もでています。

 

既存の屋根の上から重ねて葺くことができるリフォーム向けの商品もみられます。

 

 

●鋼板

 

平葺きタイプや金属成形瓦など、

機能、デザインともに工夫された製品が出てきています。

 

軽量で地震に強く、水分を吸収しないのが特徴です。

 

最近多く利用されるのが、ガルバリウム鋼板です。

 

アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のことで、サビに強く耐久性、耐熱性があります。

 

表面に、ポリエステル樹脂やフッ素樹脂の塗膜などを施した、

遮熱性を高めた製品、サビや紫外線、酸性雨に強いタイプなどもあります。

 

最近では、天然石のチップなどをコーティングするなどして

耐久性とデザイン性を高めたタイプもみられます。

 

 

●非鉄金属

 

アルミ合金板や銅板などの屋根材です。

 

銅板は昔から使われている素材です。

 

 

 

●まとめ

 

さまざまな種類がある屋根材を選ぶ際には、

できる限り、カタログや小さなサンプルではなく、実物をチェックすることが大切です。

 

最近では、比較的大きな実物サンプルが用意されているショールームもあります。

 

また、モデルハウスで用いられている素材を参考にしてもいいでしょう。

 

1

Today